排卵検査薬の違い

MENU

海外産、国産の排卵検査薬の違い

 

妊娠を望んでいる方にとって、排卵検査薬はとても役立つアイテムです。
そもそも排卵検査薬を使った検査とは、尿をかけて黄体形成ホルモン(LH)がどのくらい尿中に出ているのかを調べることによって排卵日を予測するといった検査です。
この排卵検査薬は、国内では日本製と海外製排卵検査薬2種類が販売されています。

 

では、国産と海外産の違いは何なのでしょうか。
まず、国産の検査薬の精度は海外産のものより高く、また、尿に直接かけて検査できるので初めても簡単に使用できます。
しかし、価格は高めであるため、長期間使用するとなるとお金がかかるというデメリットもあります。

 

一方、海外産の排卵薬はというと、仕組み自体は国産のものとまったく同じですが、サイズは小さめで若干安っぽさが感じられます。精度も日本のものに比べると低くなってしまうものの、価格は5分の1程度でリーズナブルです。そのため、長期的に使用しても負担が軽いというメリットがあります。

 

このように、生産地が違うだけでも検査薬の異なる点は多く存在しています。
また、産地以外にもブランドの違いにより、判定結果が若干違ってくることもあるので、まずは、それぞれの違いを知って自分に合う検査薬を選択することが大切なのではないでしょうか。

 

 

早期妊娠検査薬は女性に人気

 

今は早期妊娠検査薬っていうのがあるんですってね。
通常の物よりも、早い時期からチェックできるから、女性にすごく人気があるんですってね。
主に早期妊娠検査薬は、ネットでしか取り扱っていないようなので、ネットで買っている人がほとんどですって。

 

やっぱり妊娠しているのかどうかっていうのは、女性にとっては一大事だと思います。
自分の今後が変わってくるので、早期妊娠検査薬で早めに結果を知りたい気持ちはわかりますね。
自分もそうでしたからね。
早く結果が知りたくて、妊娠が判明する前に4本も無駄に使ってしまいました!

 

女性は妊娠が確定したら、定期的に妊婦健診に行かないといけないので、本当に面倒だと思います。
妊婦健診は血液検査とか尿検査が多いので、本当に時間がかかりますね。
特に人気の産院は、予約制にしている所が多いけど、予約制にしていてもすごく混んでいるので、半日がかりになってしまいますね。

 

会社に勤めている人だったら、かなりお休みを頂かないと行けない日が増えてしまうので、早めに上司に相談しないとダメですね。
妊娠中に仕事に穴を開けることになってしまいますから、やはり早め早めの行動が周りのためにも良いと思います。

更新履歴